JUGEMテーマ:写真日記

 

APOP(アニメソングやキャラクターソング、ボーカロイド、声優楽曲等)を主としたダンスイベントは、今各地でとても盛んにおこなわれている。

その主催であるオーガナイザー達は、APOPイベントをやるにあたって、どんなことを考えたり、思ったりしてイベントを開催しているのだろうか…。

 

このインタビューでは主催の皆様に目をむけて、そのイベントや内容、

楽しいことや苦労など、対談という形で語り合って行ってもらおうと思う。

 

 

 

第3回目は大型イベントのオーガナイザー対談!

 

“あきばっか〜の”主催「涼宮あつき」と

“筑前人”主催「にく」の、

 

APOPの数あるイベントの中から、

大勢の参加者と観戦者を集めるモンスターイベントの主催二組に、話を聞いた。

 

 

(本日はパセラ名物”ハニトー”を食べながらお送りしていきます)

 

 

ー本日はよろしくお願いします!

最初に"自分のやってるイベント"について、こんなイベントやってます〜みたいのを教えていただければと思います!
 

 

 

にく(以下に)「じゃあまず私から!今、レギュラーでやってるイベントが4つありまして。」

涼宮あつき(以下あ)「すげえなぁ…」

に「昔からやってるのが、日曜どうでしょう?(以下日どう)っていう、趣味で開いてる、500円で、1日遊び放題っていう頭悪いイベント。」

 

 

 

 

ー破格ですね。

 

 

に「参加者も観戦も全員500円!!

  儲けとかじゃなくて、自分がショーケースをやりたくて、自分の居場所が欲しくてやってる。始まりは飲みの席で、目の前にはじめましてのDJさんがいて、一緒にイベントやりましょうよって言われてやり始めたんだよね。

その次に始めたのが筑前人。これも人にバトルイベントやってよって言われてやり始めたイベント。」

 

 

 

 

ーすごい頼まれてやってますね…

 

 

に「そう。笑 あとは、たかまらせていただきます。

あ「これは誰に頼まれてやったんすか?」

に「これはJPOPイベントを開きたいって言われて、、やったイベント笑」

あ「すごいなぁ〜」

に「もうひとつが、HRMSっていう、NKDS(踊ってみたの1年に1回のイベント)の裏枠でやってる年1回のバトルイベント。」

 

 

 

 

 

ーHRMSってにくさんの主催だったんですね!

 

に「そう、私!」

あ「これも誰かに頼まれて?」

に「これはねー、頼まれてというか、NKDSと同じ会場で、なんかゆるくバトルとかやろうかなーって場所かりた時に、NKDS主催のしょまくんって人にその話をしたら「じゃあNKDS裏枠ってことにします?」っていってもらって、決勝戦だけNKDSの会場かりてやりはじめたやつ。

これ除くともう私代理店だよね。」

 

ーイベント代理店社長ですね。笑

 

あ「もうここに頼めば間違いないね笑」

に「笑 でももうやりすぎて疲れちゃって、今年は日どう5周年と、筑前人vol.10と、APOP大運動会が控えてるからちょっともう増やせないかなってなってる」

あ「イベント自体は何個今管理してるんですか?」

に「えーっと、日どう、筑前人、たかまらせていただきます、HRMS、共同だけどAPOP大運動会」

あ「5つ!?いやすごいっすね、それ下手したらもう、、会社レベルっすよ!?」

 

一同  笑

※ちなみに上記以外にもインタビュー後に新しいイベントが増えました。

 

に「まぁでも趣味でやってるやつもあるしね!」

あ「でもほんと、それを個人でやってるし、それを本業ではなくて、だって本業はヨガのインストラクターでしょ?それでやってるってすごいと思う。」

に「ありがてぇ!」

あ「それでいて自分のダンスもちゃんとやってるし、、、.

     寝てます!?

に「ははは笑 ショートスリーパーなんだよね、寝なくてもいい人。」

あ「武井壮と一緒っすね!寝なくてもいい人、つよいんだよなぁ〜」

 

ー羨ましい限りですね…。

    では続いてあつきさんおねがいします!

 

あ「俺はえーっと、あきばっか〜のAB BOY BEBOP(以下 エバップ)、東海チャンプルーアキバナファミリアエーフォニアム、APOPだとこの辺かな。」

に「すげぇなぁ、、!」

あ「あ、あとRAB関連であげると、アキバストリート、あとストリートだとブレイクバトルの町田バトル、あと最近はやらなくなっちゃったけどザザ前ブレイキン、くらいかなぁ。だからもしフルでイベントやるとなると…8個?」

に「やばーーー!!!!」

 

ーやばい!!!!(インタビュアーなのを忘れて声を荒らげる筆者)

 

(画像はニコニコ動画にアップされたあきばっか〜のの動画より転載/画像クリックでHPへ)

 

あ「フルでやるとね!まぁでもストリートのイベントはほぼ今できてないから、メインはAPOPの方だよね。にくさんの数とあんま変わんないよね!笑」

に「いやでも年1のイベントもあるから!!!あつきさんほんとやばい!!!」

あ「まぁでも東海チャンプルーの方は、これ俺の地元の浜松でやってるんだけど、ほんとは4ヶ月に1回のペースでやりたかったんだけど、俺自身が忙しくてペースが落ちちゃってるから、だから俺も実質5つかな!」

に「やーでも月一があるからなぁ」

あ「確かにね。大変だよ〜?」

 

一同  笑

 

に「月一ホントきつそう。じゃあ、年間で何個やってるの?年間のイベント本数。昨年のでいいから。」

あ「エバップで12回でしょ、あと自分のイベントの間隔の開け方って基本4ヶ月に1回なんだよ、であきばっか〜のは年3回、アキバナファミリアは半年に1回やる予定だから年2回、そして東海チャンプルーは、4ヶ月に1回がよかったんだけど、2017年は2回しか出来なかったから2回でしょ、だから全部で21回かな?」

に「すげぇ、、絶対無理、、、」

あ「あ、あとエーフォニアムは半年に1回でやろうと思ってるから、年2回になるかな。アキバナファミリアと、エーフォニアムで交互にやって、3.4ヶ月に1回のペースって計算。

     だから爆発的にイベント量が多いかって言われるとそうでもないと思う、、」

に「いや、引くよ?

 

ー引く量ですね。

 

あ「いやいやいや。月一があるから多く感じるんだよ。」

に「でもあつきさんはあきばっか〜のがデカすぎるから。そのデカいイベントを3.4つ管理しつつその量イベントやってるし、アキバナファミリアも人すごかったし、ほんとあの、キャパが違いすぎる!」

あ「いやいや筑前人もじゃん何を言ってますか!!笑  何人入ったんすか?」

に「えとね、演者と観客合わせて700人くらい!!!

     じゃあ、あきばっか〜のは?何人入ったの?」

あ「あきばっか〜のは1000人ですよ〜!

 

に「うわー!!!!!自慢だ〜!!!!笑

お客さんは?お客さんは??」

あ「お客さんは、800人!」

に「うわー!!!!自慢だ自慢だー!!!笑

あ「最大ね!?笑  最大の動員数だからね?笑」

に「これさ、年間のあつきさんのイベントの総動員数数えたらすごいことになると思う」

あ「まぁ総動員数で行ったらね、でもまだAPOP自体の人口がお客さんも含めて、まだ何人いるかわかんないし、自分で言うのもなんだけど、あきばっか〜のがAPOPの総人口を測るのに一番わかりやすいイベントだと思うんだよね、ダンサーもお客さんも含めて。だから日本の中での総人口で考えたらまだまだ少ないと思う。その中で700人くる筑前人はすごいと思う。」

に「まぁうちはショーもあるしね」

あ「よく考えられたイベントだと思いますよ、筑前人って。毎回行きたいなって思うし、でもいっつも何か被ってていけないんだけど、コンテンツが魅力的だもん。バトルのコンテンツも面白そうだし、反面ショーケースだよね。ナンバーは、ナンバー生からしたら憧れの舞台だと思うし、パブエネとか、もう出てきたら「待ってました!」みたいになるわけじゃない。イベントとして中だるみする瞬間がないわけじゃない?まぁまだいけてないから俺の予想でしかないのだけど。でも俺はそれを感じてるし、あと広い空間っていうのがとても良くて、各々がそれぞれの場所でくつろげたり。俺の持論だけど、いいイベントはやっぱり広い空間だよねって思う。」

 

ー小松川さくらホールは本当にいい場所だと思います。

 

に「ちょっと遠いけどね(笑)」

 

ーちょっと話逸れますが、パブエネのショーに何回か出させてもらってるのですが、パブエネはスタッフと同じ9時入りなんですよね(笑)

 

に「そう、めっちゃ早い。会場が9時に空くからスタッフも9時に来るんだけど、パブエネも9時に会場入りするからねwこの間なんかkajuが場ミリ手伝ってたし(笑)」

 

ー前回黒子合わせて30人overですからね!(笑)人数が人数だし、普通の場当たりの時間じゃ終わらないんですよね(笑)

会場の場ミリが終わったら、筑前人のスタッフさんを邪魔しないように場当たりするんですよ!

 

あ「もう1クラスじゃん!(笑)

  なんか俺今の話聞いて思ったけど、それが筑前人の魅力なのかもしれない!確かににくさんのイベントだけど、きっとパブエネからしても自分たちのイベントっていうか居場所、ホームだと思ってると思う。そんだけの人数がイベントをホームに思うって、まず一つ、いいイベントの証拠だよね。」

 

ー本当に。朝から夜まで長いですけど、バトル見て、ショーでて、ショー見て、DJタイムで踊って…っていう感じで、飽きがこないというか。筑前人は最初から最後までどのタイミングでも楽しいんですよね。

 

あ「そう思うよ…だからこそ行って見たいんだよねぇ〜」

に「ずっと出てって行ってるの!オファーしてるの!!!オファー!!!!

あ「オファーって形じゃなくてねぇ。。。正直観戦として遊び行きたいんだよね…」

に「オファーしてるのにぃぃぃ5人呼びたいです〜って…」

あ「まぁこればっかりは俺の一存じゃ決められないからね!でも本当観戦として行きたい!」

 

 

※7月の筑前人はRABがゲストと発表ありました!

 

ー私もvol.5くらいから遊び行ったり出させていただいてるんですけど、自分が言うのもなんですが本当に遊びきて欲しいです!

 

あ「ぜひ行きたい!

  あと俺、筑前人で聞いて見たかったのは、なんで今あるコンテンツをやろうかと思ったかなんだよね。バトル、ナンバー、ゲストショーケースとか、なんでやろうと思ったの?」

に「それは、私が社会人ダンスサークル出身なんだけど、その1つの3代目の代表をやってて、社会人サークルっていっぱいあるから、せっかくならそれを集めてショーケースイベントをやろう、せっかくならサブコンテンツでバトルをやろう、3on3をやっていこう、の前段階でイベント開こう、じゃあやって!って言う感じで言われて。」

 

 

ーでは最初の筑前人はフリースタイル2onじゃなかったんですね!

 

に「フリースタイル3onだった。それに、ショーケースを入れて、最初はちっちゃいところで、って言って新宿FACEでやった。5団体で!

そのあと、代表の役目が終わって自由になってから、イベント開こうってなった時に、3onだと人が集まらないから、2onにして、ストリートのショーケース出身だからゲストショーもナンバーも当たり前にある環境だったから、それをくっつけちゃおう!って。んで、APOPの方に遊びに行くようになって、すごい楽しかったんだけど古い曲が流れない!って思ったの。だからアニソンは1980年〜2010年限定なんだよね。昔の曲好きだし。今は新しいアニメの曲もわかるけどね。」

あ「それを聞くと、筑前人って、にくさんの集大成のイベントなわけだね。自分の培ってきたことを一つのイベントに詰め込むって、これなかなか難しくて、まずAPOPシーンの文化でナンバーだってなかったわけだし、にくさんが取り入れたのが今では当たり前のようになってるのがすごいなって思う」

に「…褒められた!」

あ「バトルにおいても、持論だけど、その世代を限定してるって言うのは、出やすさの1つだと思う。アニソンっていう膨大な量の中で、ランダムに流れるのって結構ハードル高いんだよね。実はあきばっか〜のもそれを意識してて、予選でかかる曲なんて、ほぼほぼアンセムじゃない?これも暗黙だけどさ、本戦だって、なんとな〜くわかるじゃない?まぁオフィシャルで発表するわけにはいかないんだけど(笑)

  でもこの想像のしやすさって実は大事で。筑前人はそれができてるんだと思う。だってね、DJがとち狂えばどんなアニソンだってかかっちゃうからね!(笑)」

 

一同 笑

 

に「間違いない(笑)」

あ「DJの独りよがりなイベントになっちゃうからね、そんなの。ある程度信頼はおいて依頼してると思うけど、絶対にミーティングはしたほうがいいと思う。こういう趣旨の元やろうと思うので、こういう選曲してもらってもいいですか?みたいな」

に「我の強いDJもいるしね。」

あ「まぁDJタイムだったらアリかなって思うけど、バトルはダンサーが主人公だから、DJは主人公じゃないんだよね。これができてるのはあきばっか〜のの出演陣だと思ってて、ダンサーをいかに輝かせるかをDJVJもみんな考えてくれるし。」

に「(拍手しながら)いや、本当あつきさんすごい。もうGOD。後光さしてるもん。」

 

 

 

 

ー本当素晴らしいです(拍手しながら)

 あつきさんのこだわりと今までがあって、あきばっか〜のができてるわけで、自分がバトラー側ならあの舞台は本当にすごいところなんだなと改めて実感しました…。

 

に「だってさ、バトルイベントで、800人観客だよ?すごいことだよ?」

あ「やっぱりさ、主人公はバトルに出てるダンサーなんだよね。見てるお客さんも、主人公になれるとは思うけど、それでも主人公は絶対バトラーなんだよね。

彼らが輝けば、お客さんだって輝く。あきばっか〜のが盛り上がってるのはバトラーが盛り上げてくれたおかげだと思ってる!それに観戦の人たちが声を上げてくれたおかげでこのイベントは成り立ってる。だから俺があきばっか〜ので一番大切にしているのがバトラーだよ、正直。彼らがいかに踊りやすくするっていうのが、俺の目標。」

に「すごい。。。ほんとオーガナイザーの鏡!これ記事にしたほうがいい!」

 

(ありがたく記事にさせていただきました)

 

ー私が過去にばっか〜のに出てすごく思ったのは、ジョジョになぞらえたチーム名で出た時に、それに合わせてDJさんがジョジョの曲をかけてくれて、頑張って作ったルーティンを出せたので、みんなが沸いてくれたし、ダイジェスト(あきばっか〜の予選にて選別されて選ばれて公開される動画のこと)に乗った時は、本当に嬉しかったし、それこそバトラーを1番輝かせて、みんなが楽しめる空間を作るっていうあつきさんのテーマにあっているなと、今身をもって思いました。

 

あ「そう言ってもらえると嬉しいな。」

に「あ、私個人的にあつきさんに聞きたいことあるんだけど、いい?」

 

ーどうぞ!

 

に「今、ニコニコ動画にバトル載せるの主流になってるけど、私はあきばっか〜のvol.4.5から来てる人だからわからないんだけど、あれ動画を載せるようになったのは、江戸川?」

あ「そうだね、あれはABBPが最初かな」

に「じゃあダイジェストは?」

あ「それは俺が最初だね。」

に「ダイジェストを作るって考えたのはどういうところからなの?」

あ「いいところきくねぇ〜(笑)

俺プラットフォームにしてるところがあって、APOPでもダンスでもないんだけど、MCバトルっていうのがあって、その中で戦極MCバトルっていうのがあるんだけど、これがyoutubeで動画上がってるんだけど、これが、よかったバトルのダイジェストを出してるのね。」

に「へー!!」

あ「それをヒントにしてやったんだよね!俺が(MCバトルの)動画を見た時に、このイベント行ってみてぇ〜!ってなったんだよね!それが俺が最初にやろうと思ったきっかけ。」

 

 

※クリックでダイジェスト動画へ

 

 

ーダイジェストってすごくいいですよね。やっぱこの日のバトルのために頑張ってきたわけですし、こういう形で残してもらえるってすごく嬉しいですし、また出よう、もっと頑張ろう!ってなりますよね!

 

あ「俺も予期してなかった部分なんだけど、今ダイジェスト動画載るのを目標に頑張ってる子もいるみたいで、それも嬉しいことだし、やっぱり再生数も行くんだよね、いってしまえばいいとこ取りな訳だからさ。」

 

ー私ダイジェスト載った時、めっちゃおめでとう!ってリプ来ましたもん。

 

に「私も本戦上がった時よりも、ダイジェスト載った時の方がリプライ多かったよ!!(笑)」

 

一同(爆笑)

 

あ「いろいろ他にも理由はあるんだけどね!本戦も予選もそうなんだけど、中にはすごく盛り上がるバトルがあるわけじゃん?「あきばっか〜のって今こんなに盛り上がってるんだぜ!」っていうのを世の中に出したかったから、本当にいいどこどりをしたかったんだよね。だから今予選はダイジェストって感じだよね」

に「今はそれを地方のイベントが真似してるもんね。その先駆けを作ったのがすごい。今当たり前になってるもん。」

あ「それもねー、実は動画も徐々に進化しててさ。最初は見てればわかると思うんだけど、ダンサーの名前って出てこなかったと思うんだよね。」

に「出てこなかったー。」

あ「あと曲名とか。」

に「出てこなかったー!」

あ「あれなんで載せようと思ったと思う?」

 

ーんー、、、なんででしょうか、、、

 

あ「俺さ、APOPダンサーって本当に面白いやつらだと思ってて。当初からこいつらにはファンができるな!って思ってたのよ。でも見てても名前がわかんないよなって思って。名前わかんなきゃ応援のしようがないと思って。それで名前を出すようにしたんだよね。」

 

↑vol.10 決勝の動画より。ダイジェストから本戦まで、すべてのバトルでダンサーの名前が表記されている

 

 

ーすごい・・・

 

あ「あとこれは観戦勢のためにやったんだけど、よく動画のコメントで、これなんの曲?みたいなのが多くて、だったら載せちゃおう!と思って。もっとみんなと共有したかったんだよね。だから今予選とかでみんなアンセムかかると「うわー!」とかって会場がわくと思うんだけど、これダイジェスト見て曲やそのアニメを知ってくれてる人も多いと思うんだよね。

  これも俺の持論に、、、もう今日何回持論って言うのかってくらい行ってるけど(笑)

  いいイベントっていうのは、わかりやすさが大事だと思うんだよね。まさにさっきの曲名を出すとかで、入り口として入りやすくしてるというか、そこをすごく大切にしてるんだよね。言ってしまえばこれを見てそのアニメを知ってハマる人だって中にはいるわけじゃない?そこをきっかけに色んなことに行けるっていうきっかけの導線を作ってあげるっていうのがすごく大事で、だから動画にアニメのタイトルとアニソンの曲名を入れるようにしてったんだよね。あとは曲名以外にも画像が載ってるんだけど、現場にいる人はそれがこんなアニメでっていうのが、VJさんの映像でわかると思うんだけど、ニコニコで動画見てる人にはわからないじゃん?だからあれが俺なりのVJというか・・・。」

 

↑動画には画像のように作品名・曲名・アニメのイラストが表示されるようになっている

 

 

に「本当にすごい。あきばっか〜のの人気の理由はあれだよね、あつきさんがイベントを良いものにしようって試行錯誤して、結果それにみんながついて行くわけだがらさ。」

あ「逆だよ、俺はみんなが求めていることをやっただけで。」

に「そのアンテナがすごい。」

あ「なんて言うか、あきばっか〜のでも言ったんだけど、俺APOPダンサーファンだからさ(笑)

  みんな言うんだよね、俺はこのシーンを引っ張ってくれるオールマイトのような存在なんじゃないかって。でも俺は全然そんなんじゃなくて、俺はファンだから、みんなを押し上げる存在なの!そこすごい大事にしてる。みんなを引っ張るような器じゃないからさ。」

に「でもそのさ、もしかしたらみんなが有名になるって思ってくれて、活躍できる場の土台をつくってくれたのがあつきさんだから!」

あ「俺からしたらあれだけどね、俺は前々から面白い奴らだなって思ったし、ファンができるって思ってて。まさに今お客さんは増えてきてるわけで。やっぱ増えるってことはみんな面白いと思ってきてくれているわけだから、そこで俺は、「な!?」って。やっぱり面白いだろ!?でも俺が一番最初に気づいたからね!?って感じなだけで(笑)本当に古参のファンだよ俺は。」

に「あつきさんのあきばっか〜ののおかげで、”相方”って文化ができたって言うか。芸人みたいな。ストリートじゃそんなのないし、APOPならではの文化だと思うんだよね。」

あ「俺もね、それは予期してなかったんだけど・・・そんなM-1みたいになる!?ってね」

に「そう、相方大好きダンサーとか多いからね。私とか、HIDEとかのびちゃんとか。」

 

ー皆さん本当に愛が深くて見ててほっこりします!

 

あ「そこがあきばっか〜のがエモくなる要素の一つだよね。コンビ愛って言うか。」

に「ファンはすごく好きだからね、コンビ愛とか」

あ「正直そこは本当に予期してなかった。あれは本当にただ、ABBP(APOPソロダンスバトル)と差別化を測るために2onにしただけだからさ。」

に「出る人固定の人本当に多い。みんな決まってるもん。」

あ「いつからそうなりだしたんだろう?最初はそうでもなかったんだけど、、、。最初に「尊い!」ってなりだしたコンビって誰なんだろうね」

に「誰だろう、vol.3からは見に行ってたけど、、、」

 

ーパブリックエネミーですかね?

 

に「あそこは比較的最近なんだよね、、、児物語とか、DTー0かな、、」

あ「東京愚者も比較的最初から出てる。vol.8は優勝スギヲと咲耶ちゃんだけどずっと固定ではないし・・・。やっぱvol.9のパブエネか、、、

  あ!!!思春期テロリストだ!!!」

に「あー!!!!!!それだ!!!!!!」

 

ー確かに!!!思春期テロリストの優勝コメントはすごくグッときましたね・・・

 

に「泣いた!!!!生まれ変わってもまたこいつと出ます!とかほんと・・・」

あ「これほんとさ、あいつらが主人公になったなって思った瞬間だったよね!!あれでかいよ正直。だってさ、あいつらが優勝するなんて誰も思わなかったじゃん?」

に「思春期はvol.8から出てるから、3回目で優勝したんだよね。」

あ「あいつらほんっとドラマがあるんだよね。最初出た時なんかさ、おふざけとか思うじゃん?それでさ、2回目もそんな感じだったのにさ、3回目のvol.10に出た時が本気になってて!!」

に「本当に決勝は泣いたもん・・・」

あ「vol.10に出るまでの思春期って結構周りから言われてたりしたらしいんだよ、「何あいつら」みたいなさ。その中で優勝したって、本当に全部がひっくり返った瞬間だったよ。

  しかも決勝の相手がチャカとSKAJUNっていうさ!チャカなんか俺メンバーだしさ!笑」

 

ー正直勝てないと思いました・・・。

 

あ「それをさ、あの二人はさ、勝ちの試合に持って位ったわけじゃん!」

に「もーーー!!本当にリゼロの時は泣いた!!!」

あ「やばいもう今泣きそうだもん。」

に「私も泣きそう。もう本当に「尊い」。」

あ「vol.10からだね、そう考えると。多分、ルーティンの流れを作ったのは、vol.9のパブエネからなんだよ、絶対。でも絆っていうのを見せてきたのはvol.10の思春期だね、間違いなく。」

 

※画像クリックにてニコニコ動画に飛びます。

 

 

ー間違い無いですね。そしてそれからのvol.11での児物語の優勝ですよね・・・。

 

に「それはね。もう決勝前のゾマくんのコメントで私泣いてたもん。笑

  でもバトラーみんな泣いてたよ、決勝前のコメントなのに。」

あ「俺も今思い出して泣きそうだもん」

に「決勝のバトルとかみんなボロボロに泣いて。もう見れてなかったもん。笑」

 

ーゾマは東京に出てから比較的早い時期に知り合ったので、私も友人としてすごく感慨深かったです。

 

に「あとね、ゾマくんはアキストのコメントも本当に良かった、「ネオたんの背中を追いかけて追いかけて、ようやく追いついた」っていう」

あ「またさ、響け!ユーフォニアムの歌詞をなぞってるのが本当にやばいよね!」

に「やばい決勝思い出してきてほんとやばい泣けてきた」

 

ー決勝はもう、UKくんもすごく好きなダンサーで勝ってほしかったし、でもゾーマもチームメイトで本当に努力してたっていうのを陰ながら応援してたから、もうどっちが勝ってもおかしくな勝ったと思います。私は客席から見てて、隣のけんろと泣きながら抱き合いました。笑

 

に「決勝はネオたんと一緒に下で見てたんだけど、隣でネオたんが黙ってずっと泣いてて。」

あ「ゾマって本当に不器用なタイプで、ダンスも決してうまいタイプではないんだ。でも食らいついて、ああやって好きなシーンでここまできてさ、俺ジャッジだったけど耳元で言っちゃったもん、「お前本当にここまでよく頑張ってきたな」って、、、もう、、、

やばいなんで俺対談でうるっときてるんだろう、、!笑」

 

 

 

に「ネオたんと二人でしゃべったんだけど、「俺がアキストで3回優勝したのはゾマに負けるためだったんだ」って言ってきて。」

 

※画像クリックにてDews様のアキスト記事に飛べます。

※画像はDews様より転載

 

 

ーうわ、もう本当に素晴らしい。

 

あ「そんなドラマがあるシーンですからね、本当に幸せなことですよ」

に「アキストも、相方愛っていうのがあったからこそのネオたんのコメントだって映えるし、あきばっか〜のが固定の相方を組むっていうのがメジャーになってきてたからこそ、児物語の二人が戦って、ずっとアキスト優勝してたネオたをゾマが倒して、で決勝で優勝してってそのセリフをいうドラマが生まれたわけだからね」

あ「本当にこれも予期してなかったんだけど、そういう展開になるんだ、っていう」

に「それですごく嬉しかったのは、あきばっか〜ののおかげで、決勝は私の相方のUKくんとネオたんの相方のゾマだったわけで、周りのみんながみんな私たちを前にしてくれてさ。「二人は一番前で見るべきだ!」って言って、ああ・・・もうだめだ泣きそう」

あ「このシーンのすごいところはさ、本当にアニメの主人公になる瞬間があるんだよ、プレーヤーたちが。

   UKくんもね、負けたことによって次のドラマが始まったわけで、、、それはね、みんなが熱量持ってやってくれているおかげだよね、ほんと」 

に「UKくんがね、あそこで泣くのがね、、、全然泣かない子なのに。あのあと二人で飲んでボロ泣きだった。」

あ「いやぁ〜、もう、ウルってきちゃうなぁ、、、!」

 

ーそれができたのは、本当にこのAPOPっていうシーンだからこそですね。

 

あ「ほんと、みんなが熱量持ってついてきてくれたおかげだよ。

  なんかこう、俺いいバランスで今APOPのイベントってできてると思う。あきばっか〜のやアキストって、涙流すぐらい本気になる瞬間あるわけじゃない?で、筑前人だったり、異端児のイベントだったりは楽しいわけだし、ASHITAKAのイベントだってまた違う雰囲気があるわけじゃない?だから今のAPOPのイベントはすごくいいバランスになってると思う。」

に「うまい具合だし、やっぱりその基盤を作ってくれたあつきさんはすごいよね、今輪っかと羽が見えてきたもんね。笑」

あ「でもなんか俺ね、これもいいなって思うのが、今APOPのイベントを主催している人って少ないじゃない?その人たちがみんな繋がってるってすごくいいことだと思うんだよね。」

 

 

ー確かにそうですね。

 

に「確かに、なるべくイベントかぶらないように、全国でかぶらないようにって。全国でだよ?まぁみんな遠征するからね!」

あ「今のAPOPバトルシーンって昔のストリートのシーンの歴史をなぞってるように思うんだけど、でも違うところもいくつかあって、まずその一つが主催者同士がつながってるってところでさ。あとはストリートの曲よりアニソンって破壊力すごいし、みんなの愛も強いじゃない?そこはストリートとは違う今後になってくところだと思うし、、、まぁ今後はどうなってくのかわからないけどね。」

 

ー今後が楽しみですね!

 さてだいぶ話が逸れたので先に進みましょう!まだ1項目しか話してないですね!(この時すでに2時間ほど経過)

 

に「巻きでいこ!!!私あつきさんに聞きたいことあるんだわ!!!」

 

 

以下後編に続く・・・

 

 

  • 2018.06.14 Thursday
  • -
  • 00:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM